2012年1月6日

横浜、大阪で指導者クリニックを開催しました。

2012年1月、横浜、大阪にて、サッカーサービス社のコーチ陣による指導者向けのクリニックを企画、開催致しました。

横浜では3日間の日程で、座学を2日、ピッチでの実技見学を1日行い、大阪では座学を1日のみの開催となりました。両会場とも大変多くの指導者の方にご参加いただき、中には遠方からの参加者もおり、その注目度の高さを改めて感じる機会となりました。

また、クリニックの内容はU-12を対象としたものでしたが、中高生年代の指導者からプロサッカークラブの監督まで、非常に幅広い層の方にご参加いただき、皆様からも大変好評を頂きました。

△横浜みなとみらいで行われた実技見学の様子。論理だけでなく、サッカーサービス社のコーチ陣の指導を実際に見て学ぶことが出来ます。

■横浜会場で行われた座学の内容
初日:アナリック・メソッドとグローバル・メソッドの違い
3日目:育成年代初期のトレーニング内容と方法(6~13歳)

 

参加者の声

■東京都 S様
3日間の短い期間でしたが、とても勉強になりました。実際に海外に研修で行きたくもなりました。ありがとうございます。

■北海道 S様
一言では言えませんが、自分のサッカー指導にヒントや発見、発展を与えてくれるクリニックでした。

■埼玉県 O様
選手に問いかける姿勢を持つ事と、4日間の見学でどのような場面で指導すべきかそのポイントを観察できた事が有意義でした。

■埼玉県 K様
グローバルメソッドのトレーニング理論は共感を持てます。今後のトレーニングの仕組みや私の考え方に大きな変化を与えてくれると思います。

■埼玉県 M様
テーマの設定、それに合わせたトレーニングメニュー、オーガナイズ、自分が迷っていた事の考えについて迷いが無くなりました。

■埼玉県 O様
この指導者クリニックと併せて、ジュニアクリニックの見学が自分にはとても大きかったです。

■静岡県 H様
テーマ、コンセプトが明確で子供に理解させたいプレイが頻繁にあり、子供達がしっかり納得して、楽しそうにプレイしていたのが印象的でした。